令和の字に隠された天地人の統合とは?

先日ご紹介した
Noh・Jesuさん。

この方は、小さい頃から武道を追及され、
「光はどこからきてどこへいくのか?」
「人はどこから生まれどこへいくのか?」

といった、本質的な質問を
小さい頃から持っていました。

アインシュタインも、
小さい頃から本質的な
質問を持っていました。

誰でもそうですが、
質問を持てば、深い意識の部分で、
その答えを探し続けます。

なので、その答えを
いつか発見します。

僕、ここがとても重要だと思うんですね。

誰もが疑問を持つけど、
誰かの疑問って、持てなくありませんか?

本質的で深い質問を持てば、
のちのち世界的に重要な人物になる
といったことがわかっても、

そして、その質問が分かっても、

その質問に興味や動機がなければ、
考えようとしなくありませんか?

これは、その人それぞれが
生まれた時に持っている特質や才能、

四柱推命や陰陽五行思想、
星や月の動きなど、
精神よりも深い生命エネルギー
の部分ですね。

ここから繋がって、
その人それぞれ、
現世に生まれてある程度に
役割ポジションというものが
決まっているのではないか、
と思います。

もちろん、良い悪いはありません。

一人一人が、唯一無二の才能、特質を
持っていて、それが開花されると
多くの人の心に響くものがあります。

でも、今は社会の構造上、
自分らしさを発揮しても、
支持されない人が多いのも事実。

私から見て、Noh・Jesuさんは、
これからの時代に、大きなインパクト、
それも日本の可能性を開いていく
人物だと思っています。

令和について書かれた
記事が更新されたので、
ぜひご覧ください。
令和という新元号に寄せてシリーズ②