錯覚から奇跡へ。


奇跡の中で生き、
奇跡の中で育み、
奇跡の中で開いて閉じる。

奇跡は、今この瞬間。
特別なことをしなくても、
今ここ奇跡。

138億年のエネルギーを
引っ張り、有という奇跡を
誕生させるほどのエネルギー。

体を持って作る奇跡と、
すでに起きてる奇跡。

どちらが
安心で、
平和で、
素敵で、
壮大で、
神秘か。

これまで起きたことは、
奇跡としか思えない。

ホログラムが作る
幻想的で、連続的で、
相対的で、奇跡的な、
真実が描く作品。

私たちが作る真実の作品の中に、
さらに描くことができる錯覚の作品。

この「体」という奇跡を通して、
このゲームに気づいた主人公は、
新しくどんな錯覚を生み出すのか。

右を見るだけで最高傑作。
左を見るだけで最高傑作。

どんなゲームよりも
壮大で奇跡的なことが、
奇跡だと思えないほど。

「当たり前」という
贅沢に思える奇跡が起こる、
今見ている錯覚のゲーム。

あなたを存在させて。
私を存在させて。

一緒に作るゲームは、
壮大な○×ゲーム。

そこを超えた
奇跡のゲームを
一緒に作ろう。

「今ここ作ろう。」と
決めるだけで作れる。

振動が固形化する。
錯覚から奇跡へ。