「なぜ、私ばかり不幸なの?」そんなあなたを変える方法

「私ってなんでこんなに不幸なんだろう?」
そんなこと思ったことありませんか?

いつも幸せになりたくていろいろやるんだけど、実際ふたをあけてみると不幸なことばかり起こっていませんか?「よし、がんばってみよう!」と思って自分を変えようと思ってもなかなか変わらない。そんな不幸体質を変えたい、そんなあなたに良い方法があります。

実は不幸な自分は自分が引き寄せている!?

引き寄せの法則を知っていますか?
海外ではブームになっていますが、今の自分は自分が引き寄せているというものです。「不幸な私は自分が引き寄せた!?そんなこと考えられない!」と言う人もいるでしょう。

では、逆を考えてみてください。今のあなたはあなたなりに居心地が良い自分がいるはずです。もちろん居心地の悪い部分もあるでしょう。ですが、よくよく考えてみると今の自分から理想の自分になったことを想像してみてください。

きっと嬉しい部分やすごく望ましい部分もあると思いますし、きっとそれしか見えてない可能性もあります。なぜならすべての範囲が見えている人は、すでにその自分になっている可能性があるからです。でも、いつまでたっても自分を変えたいと思っても変わらない人は、良いところは見えているけれども、そうなることによってリスクとなるところが見えていない可能性もあります。

例えば「恋人が欲しい」と思っていたとしても、実際に恋人ができたらどうなるでしょうか?もちろん、欲しいと思って手に入る人はいます。逆に、いつまでも手に入らない人がいます。そういう人は、もし恋人ができてしまったら、嬉しい部分がある「以上に」、例えば仕事が忙しくて構ってあげることができないとか、喧嘩して別れたときの気持ちを感じるのは嫌だといったような、メリットよりもデメリットのほうを強く無意識で感じている可能性があります。

デメリットが少なくメリットの方が強ければだんだんとそっちの方向に人生が向いていくでしょう。そこにはいろんな無意識のバランスが関わっていて、それがトラウマから出発しているのであれば、たとえ恋愛や仕事がスタートしたとしても、今までの自分のサイクルにはまることになることが多いです。

例えば、仕事でも恋愛でも人間関係でも、「うまくいきたい、こうなりたい」と思って頑張るんだけど、途中で力尽きてしまい、「俺ってなんてダメなんだろう」「私ってなんてできないんだろう」というふうに思う人がいます。

そういう人の中には、そこをバネにしてまた頑張って結果を出す人もいますが、結果的にそういうサイクルを繰り返して、「自分ってダメなんだ」っていうことを毎回感じるために、そうする無意識を持っている人もいます。

なので、表面的に成功したいと言っていても、心の深い面では成功したくないと思っている人は、いつまでも成功することができないでしょう。

なので、「なんで私ばっかり不幸なの?」と思う人は、「なぜ私は不幸になりたいのか?」「なぜ幸せになりたくないのか?」という質問をもつと、きっとあなたの無意識が見えてきます。もちろん、不幸と聞くと、そんな不幸になんかなりたくないよ!と思う人もいるかもしれません。

ですが、幸不幸に対して判断せず、「なぜ今の状況引き寄せているんだろう?」「今の状況を引き寄せることによって、自分にどんなメリットがあるんだろう?」と考えてみてください。それを見ていった時に、例えば、自分がダメだと思うことで安心感を感じる、周りの友達と自分の不幸話を話すことによって和気あいあいとしたり、楽しく話せたり、笑わせることができるから、幸せになりたいと言っていても不幸の自分でいることを選択するといった人もいるでしょう。

そこには、過去によって人それぞれ中身が違いますが、そうした表面上の言葉はどこから出ているのか?と言う無意識の深いところ(原因)から見るようにすると、「不幸な私は自分が作っているんだ」という所と向き合うことになります。そこから、今の自分を変える1歩がスタートします。

人によっては、本当に不幸で、「もう今の人生生きてる価値がない。死んだほうがいい」とか心から強く思う人は、一気に反転する力がつくので、そこから今の検証変えることができる可能性があります。

ですが、そこまで強い想いがないと変わらない人が多いのは、人間にとって1番きついのは、今の自分を変えることだからです。そして今の自分は、つらいことがあっても、嬉しいことや楽しいこともあり、それを手放すのが怖いと言う側面もあります。

そして、もっと深く見るときっとあなたのお父さんもしくはお母さんは、ポジティブでテンションの高い人はいませんでしたか?家族関係から、今のあなたができています。その家族関係の中で生まれる対称性原理によって、自分の感じ方、考え方、生き方が決まってきます。

周りの家族や恋人友達などに、ポジティブで元気で明るくて、何も考えてなく、感情を感じるのが弱い人、感情感じるところから逃げる人がいる場合は、あなたはそんな感情から逃げなくていいんだよ。そんなに価値がない自分じゃないんだよというメッセージを伝えるバランスを取るために、今のあなたになっている可能性があります。

それは、あなたが持って生まれた才能でもあり特質といえるでしょう。ただ、才能には光と闇があります。光は、人の気持ちがわかる、共感してあげることができるいったカウンセラーのような才能はあります。ただ、それが闇、過去のトラウマのイメージが出てくると、自分の気持ちを感じすぎてしまい、感情に打ちひしがれるような感覚になることがあります。

不幸な自分でいるのはいいとか、何を言っても人の話を聞かなくなるでしょう。この世界は相対性なので、どれだけ才能がないといわれる人にも才能があります。それを生かすか殺すかは、自分と周りの環境によるでしょう。

なので、「なぜ私ばかり不幸なの?」と思う人は、そう思える才能、つまり自分の感情を深く感じることができる才能があるので、そこを見ていくことによって、本当にあなたが求めていることがわかると思います。

そして、なんで今の自分を引き寄せているのか、なんで今の自分を作っているのかと、原因を見ていくことによって、今の自分を選んでいる理由がわかり、新しい自分を作っていくきっかけを見つけることができるでしょう。