成功哲学の限界を超えるには?

僕は、今までいろーんな自己啓発や成功哲学、
スピリチュアルを学んできました。

きっと、これを見ているあなたも、
いろーんな勉強をしてきたのでは
ないでしょうか?

だって、成功したいもんね。
だって、幸せになりたいもんね。

「なんで、そんな大事なこと
学校で教えてくれないんだろ?」

自己啓発を学んでから、
強くそう思いました。

また、そうした成功哲学などは、
理想の結果を出すために、珠玉の知恵が
詰まっているものばかりです。

昔の人は、お金を稼いで物を得ることに
意識を向けることで、生きる充実感を
得ていました。

「企業戦士」「モーレツ社員」
という言葉があったほどです。

今の人は、こうした言葉を聞いたら、
ハァ〜とため息が出るかもしれません。

それだけ、働くことの動機が、
今は弱くなっているのです。

なぜなら、昔ほど物が足りないことはなく、
安くて良いものがなんでも手に入るように
なっているからです。

なので、成功哲学などでは、
お金を得ることだけじゃなく、
人間関係を良くする方法や、
人生で充実感を得るには?

ということを、教えてくれます。

ですが、成功哲学や脳科学では
あるところに行くと、限界が
見えてきます。

それは、生き方に
関わってくるのですが、

どれだけ人生が良くなったとしても、
そもそも、人生って何?

自分って何?
世界って何?

といった、全ての人の活動を良くする
うんぬんを超えたところの質問に、
答えられるかどうかというところに
関わってきます。

なので、それらの答えが得られないと、
例えば、

・やりたいことは全部やって死にたい
・後悔のない人生にしたい
・自分らしい人生にしたい

といった、それらの方法は具体的なのに、
それらをやる目的が抽象的ということになり、

必ず、ニーズで動き続ける人生
を生きることになってしまいます。

それが、今の社会であれば、
お金が多ければ良い、
良いものを持っていれば良い、
素敵なパートナーがいれば良い、

といった、社会の目に縛られた上で、
いかに良い結果を出すか、という人生
を生きることがいい人生だなどの
答えになってしまいます。

ですが、最近では最先端の西洋の科学と、
最古からある東洋の思想とを融合して、
さらに深い幸せを得ることができるようになりました。

それが、

「いや、何かを上手にやる前に、
なんでそれをやるの?」

という質問に答えられる
ことになったということです。

それが分かると、
幸せを外から手に入れるのではなく、
今ここ自分の在り方そのものが
幸せになることができます。

より詳しいことは、これからの
ブログの記事でみていきましょう^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。