自然のエネルギーを受け取る3つのメリット

都会にいればいるほど、田舎で受け取れる自然のエネルギーを受け取る機会が減ってきます。コンクリートジャングルは、名前こそ自然っぽい名前がついていますが、人工的に作られたものには、地球や宇宙が作った自然のエネルギーの流れがないものもあります。

そうしたものばかりに触れていると、自然のエネルギーを受け取る機会が減ってきます。人工的に作られたものと自然が作ったものが明らかに違うのは、エネルギーです。この世界は相対世界なので、科学の発展によりエネルギーも作られるかもしれませんが、より緻密なエネルギーというのは、自然の方が豊かで影響力が大きいです。

だから、パワーストーンやパワースポットも自然物ですし、良くも悪くも惹きつけられる人物も、自然物です。こうした自然のエネルギーを受け取ることにメリットを3つに分けると、これらが代表的でしょう。

1.生き方が変わる
自然のエネルギーを受け取る習慣がつくと、生き方が変わってくるのはなぜでしょうか?それは、次の周波数が変わることにもつながるのですが、普段から触れ合うものに人は影響されるといいます。なので、シンプルに触れるものが、人工物から自然物に変わることで、影響されるものが変わり、生き方が変わっていくということです。

そこに良い悪いはありません。ただシンプルに、影響が変わり生き方が変わるという自然の流れです。ただ、面白いのが、都会で高級マンションや素敵な場所などは、必ずと言っていいほど自然はありませんか?海が見える高層マンション、山が見えるレストランなど、人が高い価値を感じるものは、昔からお金をかけなくても存在している自然です。

人は、自然と自然を求めるのかもしれません。なぜなら、自分と同じく人工物ではない自然な周波数を発するものだからかもしれませんね。

2.周波数が調整される
生き方が変わることにも繋がりますが、周波数が調整されるというのがあります。人は、いる人や環境に在り方が左右されます。自然と触れ合う仕事をしている人は、環境の変化や人の気持ちの変化に敏感な人も多いようです。森林浴、日光浴、海水浴、アニマルセラピー、タラソセラピーなど、自然物によってヒーリングが起こるものも色々あります。

それは、普段から本来の人間らしい自分らしい活動をしていない人ほど、そうしたヒーリングを求めるのかもしれません。1年に1度のバカンスを求める人も、毎日バカンスだったらバカンスを求めないのかもしれません。仕事の形はこれが自然なのか?などが問われるところかもしれません。

3.人工物を俯瞰できる
あくまで、人工的にできたものは、自然から生まれた人間によってできたものです。人間のお腹から人間は生まれますが、その過程は人間が作ったものではないので、自然から生まれたものとも捉えられます。なので、全ての人工物は人が作っているので、それらを俯瞰できればそれらに振り回されるということはないと思います。

ですが、今は人間が作ったお金、物、情報に振り回されがちです。これからAIが誕生したらなおさらでしょう。ですが、人間にしかできないことは、内面を見つめてイメージを俯瞰して、本質にたどり着けることです。それは、AIもできませんし、やったところで相対世界のプログラムから抜け出すことはできません。

人工物を俯瞰するには、それなりの論理が必要ですが、それができればAIが出てきても、仕事を取られる不安に怯えることも減るでしょう。むしろ、AIが仕事を代わりにやってくれる時代がきたら、人間の尊厳性が見直されることになると思います。(AIと人間を相対性の比較をする人だと、それは難しいかもしれませんが)

自然のエネルギーを受け取ると、こうしたメリットを受け取ることができるでしょう。全てすぐに起こることではありませんが、自然と触れ合うことが気持ちがいい、清々しい、気分が晴れるといった人が多いのは、そうした理由かもしれません。