湧き上がる意志


いつまでも、
湧き上がる、
心の中の心から生まれる意志。

心の意志を観るのか。
心から生まれた想いを見るのか。

何かをやることで起こる価値の判断。
絶対的価値はそこにあるのか。

歴史が作ってきた壮大なゲームの中には、
5次元から見たら当たり前の相対性も、
4次元から見たら、絶対的ルールのようにも見える幻想がある。

何かをすることで価値がある。
この幻想が、ゲームの主人公がプレイヤーという真理を曇らせる。

無為自然。
やってもやってない。
しゃべってもしゃべってない。

朝目が覚めるたびに、
何かをする判断か、
何かができる歓喜か。

自分がしていることの価値は、
自分を超えた人にしか分からない。

ゲームの主人公の価値は、
ゲームのプレイヤーにしか分からないように。

私たちが、私たちの価値が分かるには、
「私」を超えないといけない。

「私」を超えていない人の評価は、
時間空間存在によって、
この世界の当然の理によって、
変わってしまうから。

私たちが持つ不変の価値は、
その名の通り「不変」で、
条件によって変わらない。

あなたが持つ不変の価値は、
あなたがそう思っている限り、
価値を持ち続ける。

決して、誰もあなたの価値を
上げることも、
下げることもできない。

誰に何を言われても、
あなたの解釈によって、
価値を変えることができる。

それ以上に、
あなたの目の前の現実は、
あなたの創造物にすぎない。

私たちを創造する
湧き上がる意志。

それは、私たちと分離することなく、
いつも一緒にある不変の価値。