次世代のメンターとは?~その1~

あなたには、メンターはいますか?

メンターとは、自分の人生を導いてくれる
師匠のような存在のことをいいます。

自己啓発セミナーなどに
行っている人は、意識して
メンターと出会っているかもしれません。

メンターにするべき人には、
いくつかのポイントがあります。

1つは、
「見ている次元が高い人」
です。

できれば、5次元まで
見ている人が理想です。

まず、メンターとして憧れやすい人は、
4次元的な成功を手に入れている人です。

例えば、お金、車、家、時計、服など、
物理的に目に見えてお金をかけていることを
成功の象徴として伝えているような人です。

今は、資本主義社会なので、
そうした物質的な成功が
成功だと思われやすいです。

ですが、これからはAIの時代になります。

AIの時代になると、こうした成功は
成功として見られなくなってくると
思います。

なぜなら、AIの時代になると、
人間の体や脳にチップを入れる
ことが当たり前のような社会に
なるからです。

今でも、体にチップを入れている人も
増えてきていますよね。

人間の脳のデータをダウンロードして、
他の人の脳にアップロードする。

すると、別な人の人生ストーリーを
生きられるようになるとも言われます。

こうなると、そもそも「成功」自体が
人それぞれ違う定義なので、脳のデータを
ちょっと変えるだけで、価値観が変わります。

NLPの技術でも、記憶操作はできますが、
AIはもっと細かく複雑にできるでしょう。

すると、「自分ってなんなんだろう?」
って質問に変わってきますよね。

今、VRゲームが出ていますが、
VRのメガネをかけるだけで、
違う世界へと景色が変わります。

これが、目だけじゃなく、
耳や鼻などの感覚も支配されると、
全く別世界にいるような感覚になります。

すると、現実ってなんなんだろう?
という質問へと変わり、現実への価値観が
変わっていきます。

こうなると、物やお金による気持ちの変化は、
小さなものになるし、それ以上にAIによって
自己価値やアイデンティティが分からなくなり、
人生や自分に対する見方が変わっていきます。

2045年は、シンギュラリティ(技術的特異点)が
起こり、それ以降はどんな世界になるか想像が
できないと言われています。

なのに、これまでの成功モデルで幸せになるかというと、
AIの流れから見たら怪しいところです。これからは、
そうした目に見えるもの以上のところに生き方を見出せる
人が、本当の幸せな人生になると思います。

メンターの第1条件は、そんな時代の大きな変化に
対応できる在り方、やり方を教えてくれる人が
これからの時代のメンターになると言えるでしょう。