生き方がわからないことは病気なのか?

あなたは、人生の生き方が分かっていますか?

こう聞かれて、小さい頃から
「知ってるよ!お母さんが教えてくれたもん!」
という人はほとんどいませんよね、きっと。

きっと、生き方を教えてもらった人も、
「男はちゃんとした会社に就職するもんだ」
「女は安定した職の人と結婚するものよ」

そんな、聞いたことがあるような
ことを言われて育った人もいるでしょう。

そのために、
・行きたくもない頭のいい学校に行ったり
・収入がどうこうで相手を選んだり
・社会人らしくみんなに合わせて過ごしたり

でも、本当にそうでしょうか?

本当に、そうした生き方が、
生き方を知っていることに
なるのでしょうか。

逆に、そうした「周りから決められたねばべき」
で生きていると、生き方が分からなくなる。

そんな人もいるでしょう。

だから、生き方が分からないという人は、
病気なんかじゃない。むしろ今の社会では
当たり前なのかもしれない。

今の社会の成り立ちを見ていくと、
「それはしょうがないよ〜」
ってなると思います。

でも、その成り立ちを知らないで
生きていると、なぜこう生きているのか?
が分からないから、生きるのが
辛く感じるかもしれません。

じゃあ、生き方が分からないと
どんなデメリットがあるのか?

1つは、生き方があいまいになります。

あいまいになると、
とりあえず欲を満たして
気持ちよくなって生きるのが人間。

だから、毎日気持ちよく
なれることがあれば、そのために
とりあえず生きるという
感じの人もいるでしょう。

その大きな痛みが
「虚無」になること。

虚無とは、生きる意味がわからない、
人生に希望が持てないような状態。

そうなると、

無力感
脱力感
やることに価値を感じない

などが起こってしまう。

生き方がわからない人は、
ある意味素直な人だと思います。

今の世の中で、
理想の生き方を
提示している人が
ほぼいないからです。

なので、多くの人は、

・欲しい家が手に入ったら幸せ
・欲しい車が手に入ったら幸せ
・付き合いたい人と付き合えたら幸せ

そうした幸せを求めて
日々生きていると思います。

もちろん、そうした幸せでも、
気持ちよくなることができますが、
一時的ですよね。

そうした条件や状況によって
気持ちが変わることは、
次々と欲しくなります。

ずっと、その気持ちが続けば
良いですが、どうしても人間の脳は
同じ刺激に対して慣れていきます。

慣れると、最初のときの
気持ちが感じられません。

なので、
「大好きで付き合った彼女が
可愛く見えなくなった・・・」

「欲しくてたまらない気持ちで
買った車、もうそろそろ売ろうかな・・・」

「家、買う時一番ウキウキしたけど、
なんでこんなローン残ってんねん!」

そんな経験をした人もいるかもしれません。

そうした条件状況による幸せでは、
幸せレベルの限界があります。

そして、本当の生き方は
そこからはわかりません。

ただ、気持ちよくなるだけです。

・生きること
・安定して過ごすこと
・色んな変化を楽しむこと
・自分はすごいと思われること
・人と楽しく過ごすこと
・成長、進化すること
・貢献すること

こうしたニーズを
満たすだけの
生き方になります。

もちろん、ニーズを満たすことで、
色々な発展がありましたが、
これからの時代、それだけだと
さらにきつい生き方になるでしょう。

1つは、AIが登場するからです。
というか、もう出てきていますよね。

なぜAIかというと、AIは、
人間のIQや条件反射的な性能が
何百倍、何千倍になるとも
言われているからです。

将棋のトップ棋士が、
AIに負けたり、

ペッパー君が営業マンの
代わりをしたり、

レジが店員のいない
セルフレジになったり。

どんどん人間を超える
AIが登場しています。

今はまだ、
「便利な時代だなぁ」
といえますが、

さらに進化していったら、
人間としての価値がさらに
わからなくなってくるでしょう。

「人間よりこんなすごいなら、
人間ってなんでいるの?
いる必要なくない?」

なんて、AIに言われる時代が
きたら、嫌ですよね笑

笑い事で済めば良いですが、
人間のこれまでの歴史を見ても、
やはり他より優れているところを
土台として発展してきました。

なので、自己価値がない
アイデンティティに世界が変化したら、
時代が大きく揺さぶられるでしょう。

ですが、その危機を解決する
解決策は、もうあります。

それは、認識技術と呼ばれるものです。

認識技術は、AIにはできず、
人間にしかできない技術です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。