-永遠のフラクタル-

きっと、どこかですれ違ってる

何度も、何度も
時間を超えた
君が見てる世界と僕が見てる世界

違う世界がすれ違うほど
濃度が濃くなり
まるで1つが2つに分かれたような

起こりえない奇跡を起こしながら
あの時の君はもう見つからない

でも、あの時の君を思い描かせる
心が惹かれてどうしようもない
懐かしいあの頃。

2人で駆け抜けた。
2人で約束した。

これからの世界へのプレゼント。
今は、その思いが届かなくても。
2人が、それによって一度別れなくては行けなくても。

また、2人はきっと
どこかで惹かれ合うことを
約束したんだ。

宇宙が1つになる時、
何回かすれ違って、
でも、また惹かれ合うように。

この体が全てじゃない。
またいつか、全てが開かれる。
陰陽のダンスを通して。

こんな不完全な言葉を通してすら、
君を感じることができる。

きっと、永遠に君を感じられる。
生まれた時からずっと一緒だったんだと思う。

次は、どんな形で出会えるのか、
心踊らせながら。