好きな人ができない理由 

あなたは、好きな人がいますか?

今は昔に比べて、
「パートナーは欲しくない」
という人が増えています。

「恋人を作らなくていい」という
若者も増えていて、女子にガツガツ
していない草食系男子なんて言葉も
出ています。

なぜ、好きな人ができないのでしょうか?
本当に、恋人はいらないと思っているのでしょうか?

恋人との楽しい経験がある人は、
「絶対嘘だ!」と言うかもしれません笑

では、好きな人ができない
理由はなんでしょうか?

1つは、好きな人との
楽しい経験がないことです。

恋人と楽しい経験がある人は、
たとえ辛い別れをしても、
新しい恋人が欲しくなると思います。

なので、そもそもそういう経験がない
ということが1つあるでしょう。

もう1つは、好きな人が
できない環境にいる
ということです。

あなたの周りの友人が、
好きな人ができない人ばかりなら、
あなたも好きな人が
できにくいと思います。

なぜなら、恋愛の楽しみを
知ることができないからです。

また、一度恋愛をしたけれど、
楽しいことより嫌なことが多かった人も、
恋愛をしたいと思わなくなる人もいます。

なので、
・好きな人との楽しい経験がない
・好きな人ができない環境にいる
・恋愛をしたくないような痛みを経験した

などが、好きな人が
できない理由になるでしょう。

ですが、恋人がいたとしても、
色々な問題が起こります。

恋愛には流れがあり、

付き合いたてのころは
相手のどんなところも
素敵に見えてしまう時期から、

長年付き合うと、
ちょっとした相手の行動にも
嫌気がさす失望する時期。

そのように、同じ相手なのに、
全く別人のように感じる(笑)
時期の違いがあります。

恋人ができると、

嬉しいこと、、、
楽しいこと、、、
ドキドキすること、、、
など体験したいことが沢山あっても、

ケンカをしたり、、、
浮気されたり、、、
別れたり、、、
など、体験したくないことも
起こりますよね。

恋人とうまくいくために、

・恋愛コンサルタント
・占い師
・自己流アドバイス

などに頼る人もいるでしょう。
ですが、必ずうまくいくとはいえません。

なぜ、うまくいかないのか?

それは、
「対称性原理」が
働くからです。

対称性原理とは、
人と人との間で起こる
メカニズムです。

例えば、
・自分が熱くなると相手が冷める
・自分が怒ると相手が悲しむ
・よく喋る彼女と無口な彼氏

など、起こりがちなことだけど、
うまく説明できない、これらのことは、
対称性原理が働くからです。

なので、この原理を知り、
うまく使わないと、
恋愛はうまくいきません。

ですが、これだけでもうまく行きません。
この原理は、優秀なカウンセラーなどが
使っています。

そこで、感動するような人間関係の修復などが
起こりますが、また問題が起こります。

なので、その原理を作っている
さらに上の原理を知らないと、
幸せな恋愛はスタートしないでしょう。

もちろん、幸せな恋愛を
している人もいるでしょう。

でも、さらに幸せな
恋愛をすることができます。

その方法は、
「認識を変える」
ということです。

一般的なカウンセリングやコーチングでは、
感情、思考、行動を変える方法を教えてくれます。

ですが、本当の認識の変化は、
アイデンティティの変化です。

アイデンティティとは、
自分で自分をどう思うか?
といったことです。

アイデンティティの変化は、
「体の私」から「全部が私」「心が私」
などに変化することが大切です。

そのためには、
私たちの体を作っている
ミクロの素材と、私たちの
生活の基盤になっている
地球などのマクロの現象。

これらが統合されることで、
もっともブレないアイデンティティ
が作られます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。