相手に合わせて疲れる人間関係を変える方法

人間関係で疲れる原因の1つに、
「合わせるのが疲れる」
ということはありませんか?

面白くないのに、
笑って合わせてみたり。

楽しくないのに、
どうでもいい遊びに
付き合ってみたり。

なぜ、人は人に
合わせるのでしょうか?

1つは、合わせないと
何らかのデメリットが
あるからですよね。

社会では、上司や取引先などに
合わせないと、給料がもらえないし、
社会人として失格というレッテルが
貼られるかもしれません。

学生なら、合わせないと好かれない、
嫌われて仲間外れにされる
なんてこともあるでしょう。

合わせないで一匹オオカミの人も
いて、そんな自由な人を見て「うらやましい」
と思う人もいるかもしれません。

ですが、本当は人に嫌々合わせるより、
自分らしくいられる仲間がいたら、
ストレスフリーで楽しい人間関係になります。

小さいころ、言いたいことを言い合ったり、
学生のころ、趣味が合う仲間と語り合ったり。

「そんな仲間が欲しい」
それは子供でも大人でも
思うことかもしれません。

ですが、ありのままの自分でいたら、

・合わない人が出て喧嘩になる
・意見が通らなくなる
・受け入れられないことが増える

そんなことも増えるでしょう。

だから、

・見本になる人をマネしてみる
・人気のある人をマネしてみる
・愛されキャラをマネしてみる

そうやって、だんだんと
自分を変えて、周りに合わせる
ようになっていく人もいます。

ですが、それだとやっぱり
辛くなっていきますよね。

「ありのままの自分でいたい」
「でも人に合わせないといけない」

そんなジレンマを解決するには、
そこを超えた関係性を築くことで、
可能になります。

それは、心理学やコミュニケーション術
などではありません。もちろん、それらも
一時的な効果はあります。

ですが、根本的に解決するには、
5次元のイメージがポイントに
なってきます。

5次元を取り入れると、
周りとの関係性がガラッと
変わります。

見える世界が
違って見えるでしょう。

4次元的なカウンセリングや
コーチングでも、見える世界は
変わります。

ですが、4次元の中での変化なので、
条件状況によって変化する4次元では、
次々と違う問題が出てきてしまうのです。

これは、僕もカウンセリングをしていた時、
困っていたことでした。

ですが、5次元を取り入れると、
それが無くなっていきます。

問題が、問題じゃなくなっていきます。
なぜなら、4次元での問題が、
5次元では問題ではなくなるからです。

その秘密を知りたい人に、
ぴったりな1日セミナーがあります。

限定10名ほどですが、
定期的に行っているので、
興味があれば言ってくださいね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。