心の平和を取り戻すには?

あなたは、心の平和を取り戻していますか?

いつも、自分がこの人生に生まれた理由を知り、
本当にやるべきこと、ビジョンを生きていますか?

それとも、日常的な仕事に追われて、
気づいたらもう1日が終わり、ビジョンから
目を背けてはいませんか?

今の社会では、肩書き、キャリア、昇級といった
お金や立場といったものさしで人の価値が図られ、
本来その人が持っている価値が見られていません。

そのため、いつも心に平和がなく、
戦いの日々を過ごしている人も
多いのではないでしょうか。

戦いも、殴り合いといった戦いはなくなったにしても、
権力的な戦い、地位や名誉の奪い合い、人間関係で
優位な立場に立つための争いなどがどこでも起こります。

でも、あなたは本当にそこで勝つために、
生まれてきたのでしょうか?

先人たちが、私たちに命をかけてでも
残したかった私たちの時代、その時代でも、
同じように争いを繰り返すのでしょうか?

それが先人たち、私たちが本当に
望むことなのでしょうか?

きっと、
・良い家に住みたい
・良い車が欲しい
・地位や権威が欲しい

と思って、日々頑張っている人もいると思います。

そのために、

・もっと仕事を頑張る
・仕事を掛け持ちする
・色んな資格を取る

といった活動をしている人もいるかもしれません。

では、もしあなたが良い家を買って、
ひどい妬みが多くなったらどうでしょうか。

良い車を買って、ひがまれて
いたずらや落書きをされたら。

それでも、そのままでいたいと思うでしょうか?

何が言いたいかというと、
何かを手に入れて手に入る
良い気持ちは、

「条件状況によって変わる」
ということです。

ただ単純に変わる、という
だけなら良いですが、

その条件状況によって変わる
気持ちによって、これまで
どれだけ悲しい出来事があったでしょう。

今でも、どれだけ悲しい出来事が
日々起きているでしょうか?

もちろん、悲しい出来事ばかりではなく、
楽しいことももちろん起こります。

こうした気持ちの変化は、
条件状況によって変わる
ということです。

ということは、
自分で作り出せる
ということでもあります。

さっきの例でいえば、
家を持っていない人が
愛される時代だったら、

車を持っていない人が
好印象が持たれる時代だったら。

きっと、車が欲しいとは
思わないかもしれません。

そうした状況の変化にかかわらず、
欲しい、追求したいというのは、
本当のビジョンです。

なので、それは追求し続けると
良いと思います。

そうではなく、

・愛されたい
・認められたい
・人と繋がりたい

といったニーズからくる欲は、
どれだけ満たしてもまた満たされない
状態になって求め続けます。

つまり、そこに本当の
答えはないということです。

では、本当の答え、本当の問題は
どこにあるのでしょうか。

その1つは、
「体にアイデンティティが固定されている」
からです。

そもそも、この体はなんでしょうか?
と聞かれると、なかなか答えずらい
かもしれません。

ですが、私たちにとってはとても大切な質問ですが、
ほとんどの人がその答えを知りません。

ということは、この体で生きていくのに、
取扱説明書がないままこの体で生きていく
ということになりますよね。

その結果、毎日ふっと湧いた気持ちに沿って
人生を生きることになる、つまり気持ちに
支配されながら生き続けるということになります。

なので、この体が自分というアイデンティティを
明確にし、そこを変化することが、本当の答え、
問題を知り、解決することにつながります。

それができれば、本当の心の平和を
取り戻すことができます。

赤ちゃんの時に、
あなたが元々持っていた
心の平和な世界。

でも、大人になるにつれ、
色んな境界線が引かれ、
だんだんと自分が分からなくなっていった。

そんな状態から、
本当の自分がわかる
ところへ戻ることができます。

それは、釈迦や老子といった
覚者がたどり着いた悟りの境地とも
つながり、

・今までのような条件状況を超えた幸せ
・周りに振り回されない不動心、不動志
・条件によって切れない人間関係

などを手に入れることができます。

これから、世界や国の規制などによって
社会自体が良くなっていっても、
人間の在り方が変わらないと根本解決になりません。

みんな幸せになりたいと思っている、
だけど、本当の幸せになる方法を知らなければ、
いつまでも幸せになることはできない。

私たちを想い、物理的な争いや理不尽な生活から
解き放ち、ある程度自由に生きられる私たちへ、
バトンを渡してくれた前の世代の人たちへ。

私たちも、そのバトンをさらに次の世代の人たちへ
さらに素敵な状態で手渡したくはありませんか?

家を手に入れても、車を手に入れても、
すごいビジネススキルを身につけて結果を出しても、
貢献のニーズまで達成し、自分が死んでも後世に
自分の活動を残したいといっても、

それが全て、体のニーズに依存するものだったんだ、
それよりもっと幸せになる方法があるんだ、
としたら。それを知り、もっとみんなで幸せな
世界を作っていきたくありませんか?

その世界を、一緒に作っていきましょう。

内澤大樹